電車やバスなどで通学している受験生はちりも積も

電車やバスなどで通学している受験生は、ちりも積もれば受験勉強の時間になります。少しうるさい場所では、難関校に受かった人はリビングで勉強していた人が多いそうです。ラジオを聞きながらの方が勉強が捗る人とそうではない人がいます。予備校や塾に行くと友達と遊んでしまう人は自宅でコツコツ勉強するのが良いです。まず予備校ですが、周りがみんな受験勉強しているという貴重な環境です。まず勉強以外しません。自習室や進路相談など、積極的に活用する事で受験勉強を効率よく進めることができます。近くにまともな予備校が無い場合は、WEB予備校などの活用がオススメです。勉強時間を作るのは意外と大変です。細かい時間をうまく利用して効率よく受験勉強しましょう。模試でC判定以下だったなら、ことさら勉強方法を変えることを考えたほうが良いかもしれません。勉強法が確立された後の悩みとしては、得意科目の勉強に偏り、不得意科目の成績が上がらない場合があります。偏差値で考えれば不得意科目を上げる方が簡単なので1ランク上の大学を狙うためには必要になります。もっと詳しく>>>>>スマイルゼミの申し込み

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です